いいサロンの見分け方

はてなブックマーク
2021.12.14

スマホで簡単検索!

別のページでいいスタイリストに出会う為に紹介が一番良いと説明しましたが『そもそも紹介して貰えるなら最初からしてるよ!』という方も多いのでは?

今回は『じゃあどうすれば失敗しないサロン選びができるのか』を説明していきます。

まずはSNSやサロン検索サイト(ホットペッパーや楽天ビューティーなど)で検索します。

IMG_1062 2

ここで重要なのがサロンがあるエリアです。

ヘアスタイルの好み、その人特有のクセを理解してもらう為に同じスタイリストに一定期間施術してもらった方がいいです。

その為にわざわざ遠方に足を運ぶ必要はないです。

それは『今後そのサロンに通い続ける』ことを想定してください。

通いやすいことを想定し、できるだけ家から近い方がいいです。職場から近い方がいいです。

まずは自分が通いたいサロンのエリアとしたいヘアスタイルなどをグーグルなどで検索してみてはどうでしょうか?

例【大阪市 東成区 フェードカット】など

IMG_1063

そこで出てきたサロンのホームページなどのスタイル等を観て、いいなと感じるスタイルのスタイリストを指名してみましょう!

そしてその写真をそのスタイリストに見せて『こんな感じがいいなって思って指名させてもらいました』と言ってください。

これだけでその指名されたスタイリストはモチベーションが更に上がり『絶対にまた来てもらえるような髪型にしたい』そう思うはずです。

ホットペッパーなども同じ手順です。

まずはエリアで検索し、こだわり項目などがあるのでそこから選んでみるのもいいです。

『ビジネススタイルが得意なサロン』等

ここで注意点をいくつか説明しておきます。

 

予約時に気を付けるべきこと!

 

①値段で決めない!

特にホットペッパー等で

『ご新規様限定カット+カラー5000円ポッキリ!』などです。

決して悪いわけではないですが、もしお気に入りのスタイリストが指名料などがかかる場合はそこはケチらずに指名料を追加した方が失敗が少ないです。

これも一概ではないですがご新規様の割引額が大きいサロンはまだ人気のないスタイリストを多く抱えていることが多いです。

その為割引額が大きく指名がないお客様は経験の浅いスタイリストが入客することが多々あります。

経験が浅いスタイリスト=ダメなスタイリスト

ではないのでお間違いなく!

あくまでも割引が悪いわけではないです。

 

②スタイリストの指名をお忘れなく!!

これが失敗を減らす為にかなり重要です!

ホットペッパーなどからの新規のお客様などの指名などは人気のスタイリストはとれない場合もあるのでご注意ください。

そういうスタイリストは紹介のみでの入客になっている場合が多いです。

どうしてもそのスタイリストに興味を持った場合は一度サロンに直接連絡してみるのも良いと思います。

場合によっては今回はあなただけ特別に!なんてこともあるかもしれません。

 

③毎回通えないような距離や場所にあるサロンを選ばない

最初にお伝えした通りお客様のクセや頭の形、好みなどを一度の来店だけで全て把握することは容易ではありません。

人と人との付き合いですから、それなりの時間と回数が必要です。

1ヶ月に指名数何千人のカリスマ美容師!県外の有名サロンのインスタグラムのフォロワー○万人のスタイリスト!

確かに素晴らしい腕前なのでしょう。

しかしあなたの髪の癖や頭の形、趣味のことまでを一度の来店で把握することは難しいです。

特別ではなくても何度も通いあなたの理想がわかってくれているサロンを作ることの方がサロン選びは重要なので、いいサロンに通い続けることをお勧めします。

 

④初来店の際は時間に余裕をもって来店する

IMG_1064

恐らくほとんどのお店はカットだけならば一時間程度だけ思います。

カラーやパーマなどは特殊な場合でなければ2時間程で終わるはずですが、初めての場合はスタイリストがカウンセリングで色々な質問をしたり、思わず話がはずんだりして多少時間がかかる場合が多いです。

その為その後の予定には余裕をもっておいた方がいいです。

もしどうしても用事がある場合は最初に

『この後待ち合わせがあって、○時○分にはお店を出たいんです。』

と伝えておきましょう。

いかがでしたか?

 

いいサロン選びはいいスタイリストとの出会いです

1、できれば友人などの紹介を受ける

2、インターネット等で理想のヘアスタイルを作るスタイリストを探す

3、今後も通いやすいサロンを選ぶ

4、値段で決めない

5、スタイリストを指名する

6、時間に余裕をもって来店する

これが初来店前の準備です。

一覧 TOP
Top_Image
Top_Image
Top_Image